人気ブログランキング |

Galanthus plicatus

プリカツスとは相性が悪いと書き続けて来ましたが、必ずしもそうではないかも・・と思い始めました。
Galanthus plicatus_b0370055_12065521.jpg
↑オリジナルポジションの原種プリカ。花は4つ咲いていました(1つを除草時に首チョンパしてしまったため、3つしか写っていませんが(泣)。花の数の増え方は遅いですが、芽は増えている感じです。

Galanthus plicatus_b0370055_12120826.jpg
↑葉のアップ。プリーツくっきりです。

Galanthus plicatus_b0370055_12083495.jpg
↑こちらは昨年導入したplicatus var. byzantinus.
「ビザンチヌス」というのが昔 世界史で習ったビザンチン帝国(東ローマ帝国)の所縁を感じさせ、歴ヲタ心をくすぐられて導入しました。
昨年は葉しか出なかったので「あーやっぱプリカ系はダメか」と思ったのですが、今年はこの通りしっかり花が立ってくれたので、プリカ系に対し明るい兆しを感じ始めた次第です。
ちなみに手前の葉だけ出しているのは、UKちょいエロ兄さんおすすめのオーガスタス(Augustus)。これもプリカで ビザンチヌスと同じく昨年導入したものですが、こちらは相変わらず葉ばかり・・。でも昨年は1枚葉をペロンと出しただけだったのが今年はしっかり株立ち状になっているので、来年は咲くかも?の期待が持てます。類似品のDiggory(純プリカ。同じく昨年導入)は、前スレでご紹介した通り 今年モウ咲いてますからね・・。

Galanthus plicatus_b0370055_12105642.jpg
↑そしてしつこく登場させるウェンディーズ(笑)。純粋なプリカ&しかもオーレアなのに、拙庭ではプリカファミリーの中で一番生育旺盛です。
このお方も プリカに対する希望の兆しを与えてくれました。本当に素晴らしい品種です。

# by ezaffashz | 2020-02-23 12:04 | 球根 | Comments(4)

名称つき

同じような写真が並んでいますが・・
名称つき_b0370055_23224556.jpg
↑Galanthus plicatus "Diggory

名称つき_b0370055_23213927.jpg
↑Galanthus elwesii "Godfrey Owen"

名称つき_b0370055_23210078.jpg
↑Galanthus elwesii "Grumpy"

いずれも先日帰国した時の撮影で、花がまだ若く、ちょうど寒波襲来と重なったこともあり、開いた姿をみることができませんでした。
Diggoryはバルーンのように膨らんだ花型と(ダイヤモンド☆兄さんがいうところの)しじら紋様が、Godfrey Owenは6~8枚の外花被が、Grumpyはおっさん紋様がいずれも特徴ですが、咲き始めで開いていないと「何がなんだか」という感じです(笑)。
でも昨年のモウ暑を地植え野ざらしで乗り越え、定着してくれそうな感じなので良しとします。

# by ezaffashz | 2020-02-21 23:20 | 球根 | Comments(10)

横●兄ちゃん印

一昨年前に「ガランサス・コーカシカム」として購入したものです。
横●兄ちゃん印_b0370055_09191747.jpg

横●兄ちゃん印_b0370055_08560730.jpg
↑上記2枚は同じ場所です。

横●兄ちゃん印_b0370055_08145995.jpg

横●兄ちゃん印_b0370055_08140308.jpg
↑別の場所。

斑紋がひとつのモノスティクタスタイプで、1月中には開花する早咲きです。大型の割に葉はまとまりがよく、バランスがとれています。
まとめて購入できたのであちこちに散らして植えましたが、全ての場所で定着し、殖え始めたようです。
殖えたら積極的に株分けし、庭のあちこちでこの魅力的なスノドのバラエティが見られるようにしたいです。

# by ezaffashz | 2020-02-19 08:12 | 球根 | Comments(10)

黄セツ

黄セツ_b0370055_00580178.jpg
↑ヒエマリスが咲きだしていました。まさに輝くような黄色です。

黄セツ_b0370055_00572488.jpg
↑日が当たると映えますね。

黄セツ_b0370055_00564644.jpg
別の場所でも・・。後ろにはちょっと増えてきたニヴァリスが。
他にもあちこちで元気にしていましたので、黄セツも拙庭に定着してくれたと考えてよいですかね・・と書きかけましたが、実生苗の存在がまだ確認できていないので、それが確認できたら定着認定ですね。

黄セツ_b0370055_00561700.jpg
↑こちらは似ていますが福ちゃん。単独でみると充分明るい黄色なのですが、黄セツの黄と比べると渋い黄です。
やはり日本の植物って、欧米のもののように突き抜けた色(この黄セツの黄色とか、テコやゲンチアナの青とか)がなく、どこかに渋みを含んでいる気がします。そうしたところが文化の渋好みとか侘び寂びといった日本人の精神性に繋がってるんですかね。

# by ezaffashz | 2020-02-17 00:55 | 球根 | Comments(6)

Galanthus nivalis Viridapice

Galanthus nivalis Viridapice_b0370055_21490435.jpg
↑今年は昨年より咲くのが遅く、結局滞在中に咲いている姿を拝めませんでした(泣)。

Galanthus nivalis Viridapice_b0370055_21425985.jpg
昨年、込み合って花付きが悪くなってきた気がしたので思いきってイン・ザ・グリーンで株分けして植え広げたら、全部に蕾がつきました。株数も増えて一石二鳥です。
大クランプになって咲くのをみたい気もしますが、生育旺盛な種類は3年に1度、株分けしたほうがいろいろな面で良さそうです。

# by ezaffashz | 2020-02-14 21:38 | 球根 | Comments(8)