夏の青っ花

昨年、花友さんに触発されて購入したルリマツリモドキ「ブルーサファイア」が咲いてきました。
b0370055_10412287.jpg
赤みがほとんどない、目が覚めるようなブルーです。

b0370055_10425987.jpg
昨年晩秋に3号ポットで購入し、植え場所が見つからないまま野ざらしで冬じゅう放置(雪布団&落ち葉布団なし)してしまったのですが、無事芽吹いてきたので耐寒性もそれなりにありそうです。
アメリカンブルーやブルー系のサルビアが越冬できない寒地の夏のブルーとして有望ですね!


[PR]
# by ezaffashz | 2017-08-23 10:38 | 樹木 | Comments(6)

ジャンゴ(=田舎)の夏

この時期、庭の花だけではネタが持たないため恒例(?)の田舎の夏景色をレポします。
b0370055_10274840.jpg
まずは夏の定番の大型キク科。

b0370055_10303446.jpg
たぶんルドベキア。栽培していたものが逃げ出したのでしょうね。

b0370055_10324072.jpg
こちらはちゃんと敷地内に収まっていますが、姫ヒマワリ。

b0370055_10355447.jpg
同じ所で元気良く咲いていたダリア。大株具合から見て、間違いなく植えっぱなしです。

b0370055_10402099.jpg
こちらも植えっぱなし確定(去年も全く同じ場所で見ましたので)の超大株ダリア。レモンイエローなので若干シャレオツです。カクトラノオとのコンビが晩夏という感じですね。

b0370055_10441150.jpg
ジャンゴのダリアつながりで、拙庭の「丈夫なダリア」近影。全く衰え知らずです。

b0370055_10463789.jpg
家の近くにあるお気に入りのお蕎麦屋さんの店先のアジサイ。当地は酸性土壌なのか、赤のアジサイはまず見ないので新鮮でパチリ。ここは「オヤマホクチ」と呼ばれる山ゴボウを繋ぎにしたそばや、菊芋で打った蕎麦をリーズナブルな価格かつ豪快なボリュームで出してくれます。裏道にあるのでほぼ地元客のみというのも◎です。

b0370055_10522129.jpg
その近くで見つけた、まだまだ元気なビオラ。来月行ってこのくらい元気なら、宿根可能性ありということで一枝もらって挿し芽してみたいですね。

b0370055_10555037.jpg
山では玉アジサイが咲き始めていました。他のアジサイ系が一段落したこの時期に咲くアジサイ系はいいですね。祖父の持山にもあったと思うので、山鳥してきて植えてみたいと思います(笑)。


[PR]
# by ezaffashz | 2017-08-20 10:23 | その他 | Comments(5)

ナウいヤングな在英園芸家の方が記事にしているのを見て、最近拙庭のプルプラさんをお見かけしていないのに気づき、知らないうちに昇天したクサいな~(放置プレイの拙庭ではありがちな事故です(´・ω・`)と思っていたのですが・・
b0370055_08083914.jpg
徒長した山アジサイの下敷きになりながらも生存し、花まで咲かせていました!ちなみに花を見るのは今回がはじめてです。

b0370055_08130808.jpg
こちらは押し潰される被害が少なかったようで、比較的マトモな姿を保っています。ちなみにどちらも良い「シクラメンのかほり」がありました。

拙庭では原シク最強のヘデリの成績が良くなく、夏~秋咲きの原シクは「植えてはいけない」リスト入かなと思っていたのですが、これでちょっと気を取り直しました・・。

[PR]
# by ezaffashz | 2017-08-19 08:01 | 球根 | Comments(2)

先月「遺影になるかも」と記事にしたアネモネ・ラッフルドスワンですが・・
b0370055_09100975.jpg

先月から蕾を繰り出し続けているようです!
しかもシェードでは光量不足といわんばかりに伸びています。

b0370055_09085613.jpg

トレードマークの花弁裏面の紫も、シェードでは発色しずらいようです。

見た目如何にも暑さに弱そうで山野草的な管理にしましたが、むしろシュウメイギクと同じ管理(肥えた土に植え、半日位は直射日光に晒す)の方が良さそうです。
もしこれが正しければ、夏庭の新スター誕生!です。
引き続き秋までレポを続けます!!

[PR]
# by ezaffashz | 2017-08-16 09:06 | 宿根草 | Comments(2)

爺様婆様

ふと気づくと、庭先にひとつ提灯がぶらさがっていました(笑)
b0370055_08204947.jpg
ミトンさん、これは爺様・婆様のどちらでしょうか?
b0370055_08224945.jpg

こちらは配偶者の方。
b0370055_08253267.jpg

コドノプシスはクレマティフォリアがうまく育てられませんでしたが、こんなに鑑賞価値が高いのが身近にあるなら、固執する必要は全くないですね。花が少ない時期に咲いてくれるのも良いですし。来年は仕立て方を考えて、もっと見映えがするようにしたいと思います。
ミトンさん、ありがとうございました!

追記 花の比較です。大きいほうが爺様でしょうか??
b0370055_11241776.jpg


[PR]
# by ezaffashz | 2017-08-15 08:18 | 宿根草 | Comments(8)